2013年01月03日

二次創作してみた。

数年前に書いた文章を某SNS上で発見しました。
…何書いてんだオレワ…orz
と、ちょっとのた打ち回りましたが、過去のことなら恥ずかしくないモン! というタイプの人間なので、ここにUPします。
笑っていただければ、これ幸いかな。

皆さんもよく知っている、ある男についてのお話です。


少年が言葉を覚えると同時に、母親は幾度も幾度もその長ったらしい名前を唱えさせた。
だから少年の記憶にある最も古い光景とは、隙間風の入り込む部屋と壊れたロッキングチェアー、そして呪文のようにその名前を唱える母親の曲がった背中である。

少年は炭鉱の町に生まれた。
もっとも既にエネルギーとしての石炭の需要はピークを過ぎており、かつての繁栄の残滓にすがるうらぶれた町の姿が彼の原風景だった。
――町を渡る風にも、炭鉱からの粉塵が混じっているような気がする。
そんなことを思いながら、見上げる空は常に曇天で少年の気分を滅入らせる。
空を覆った雲の向こうには何があるのだろう――そればかりを思いながら、少年は育った。

町の最縁――あまり町の人間も近づかない地域に、彼の暮らす家はある。
母と自分、2人だけの家。
家族のために炭鉱で何年も粉塵を吸い続けて体を壊した父は、少年が幼い頃に他界していた。
炭鉱の側の食堂で、安い給金で身を粉にして働く母親が少年を養っている。

私たちはもっとも古い血筋に連なるのよ…

と誇らしげに語る母親の姿が滑稽に見え始めたのは、少年が小学校を卒業した頃だった。
嫌になるほど聞かされた『あの言葉』。
先祖が暮らしていたというその場所、その名前。
両手で耳を塞いでも、呪いのように脳裏に響き渡る母の声。
世の中のことが少し分かるようになっていた少年は、母の言葉を妄言と断じた。

「今の貧しい暮らしを否定するために、本当はこんなんじゃないのよ、っていうために母さんは『あの言葉』を唱えているんだ」

そんな風に自分の母親を『可愛そうな人』として捉え、少年は今の環境から抜け出すために努力を始めた。
「母親のようにはなりたくない」
「この家を出て、町を出て、いい暮らしをしたい」
まだ10代の少年が抱く目標はあまりに具体性に欠けていたが、それでも奮起の材料にはなった。
小学校を卒業して、炭鉱で働きながら少年は勉強を始めた。
幸いにも彼にはその才能があり、2年遅れで上級の学校へ特待生進学することができた。
学校の寮に入るため、家を出ることになったその日の朝、玄関先まで見送りにきた母は誇らしげに笑いながら少年に告げた。

お前ならやれるよ。何しろ私たちは     の血に連なる者なのだから…

もうしばらくこの妄言を聞くこともないと思えば、嘘でも優しくできる――少年はそんな風に育っていた。

そうだね、母さん。僕は    の王族だからね

そう言って少年は、別れの朝には不似合いな理知的な笑いを浮かべた。


上級学校に上がってからの少年の躍進にはめざましいものがあった。
日々の暮らしに追われることのない環境で、少年は自分の能力を最大限に開花させていく。
成績だけではなく、巧みな弁舌による人心の掌握は上級学校の教授陣も舌を巻くほど。
飛び級で最上級学年に上がり、首位の成績を収める彼の元へは国軍からのスカウトが来ているという噂まである。

彼は自分の将来の道に軍属を選ぶつもりだった。
それは現在の彼の取り得る道の中で、最上の選択だと言えた。
噂だけではなく、実際に彼の元には軍からのスカウトも来ている。
彼自身だけではなく、誰が見ても順風満帆の人生のスタートを切ることができる――はずだった。


母親が死んだ。
炭鉱の中に弁当を運んでいて、落盤に巻き込まれたらしい。
悲しくはなかった。
彼の中で何年も前に、母親はその妄言と共に死んでいたのだ。
だから卒業を目前として故郷の町に帰ったのも、世間体ゆえの行動に過ぎなかった。

母親の遺体は、まだ発見されていなかった。
重い岩の下に未だ眠っているらしい。
とはいえ、生存を信じるほど彼は楽観的ではない。
落盤事故から3日。
炭鉱の町に育った者ならば、その意味は痛いほどにわかっている。

5年ぶりに生家に戻った。
彼が14歳まで暮らしていた家はあまりに小さく、あまりに煤けてみすぼらしく見えた。
縁の欠けた暖炉、壊れたロッキングチェアー、隙間風の入る薄い壁。
何一つ変わってはいなかった。
母が『あの言葉』を唱えていた頃と、何一つ。

遺品の整理をしていたときに、彼はそれをみつけた。
母親の洋服ダンスの奥、流行遅れの服の中に何の工夫もなくその木箱はしまわれていた。
特に意図もなく、彼は蓋を開く。
蓋の隙間から溢れる青い光が、彼の顔を照らした。



それは、青く透き通った石だった。



瞬間、彼は理解した。
石の言葉を。
石の伝える真実を。
そして自分の愚かさを。
母の言葉を妄言と決め付けた自分の狭量さを。

なぜ母の言葉を虚妄と決め付けたのだろう。
なぜ母を『可愛そうな人』と思っていたのだろう。
なぜ母の言葉を信じなかったのだろう。
その『島』は確かに――空にあるというのに!

幾筋も幾筋も、彼の頬をとめどなく涙が伝う。
抑えた口からは嗚咽が漏れた。
母への懺悔と、そしてこれを自分に託してくれた母への感謝に彼は泣いた。


もう後戻りはできなかった。
母の遺志を継ぐために。
いつの日かそこに帰ることを願い、志半ばで散っていった一族のために。

必ず…辿り着くよ…母さん…

あの『島』に辿り着くためなら、何だってしてやる――。
眼鏡を外し、涙を拭う。
並ならぬ決意が彼の顔に満ち溢れていた。
彼――ムスカは手の中の石を握り締め、暗い声でその『島』の名をつぶやいた。
  

Posted by Plutonius at 04:05Comments(0)

2011年04月16日

非日常じゃなきゃ震えない。

リアルな恋愛小説があったとする。
多少無茶はあったとしても、現実にそういうことが起こり得るくらいのリアルさのストーリー。

どういうわけだか、僕の心にはあんまり響かない。

ところが、そこに1点でもいい、「非日常」のエッセンスが入ったとする。
たとえば…彼女は“超能力者でした”だとか、“実は彼女は未来からやって来たのです”だとか、“彼女は物質の『死線』を見ることができたのです”だとか、“彼女は実は殺し名第五位の墓森の人間だったのです”だとか!!

本当に不思議なのだが、そういう「非日常」のエッセンスが入った途端、僕はその物語に没入できる。
感情移入ができる。

無論、僕にそういう不思議能力があるわけでもないし、何度もタイムリープを繰り返して脳が痒いわけでもない。
契約して魔法少女になってるわけでもない。
つか、そもそも少女じゃねーし。


僕の書いてる曲の中に、リアルにありそうな情景を曲にしたもの、って多分一つもない。
その理由が、結局上に書いたようなことなんだと思う。


と、いうことに先日気づいてビックリしたのことよ、アイヤー。  

Posted by Plutonius at 00:18Comments(0)

2011年03月01日

ラノベってライト?






こんばんは、ハヤカワPです。
なんか明日の朝も早くって、DAW開く気になれないので特に意味もなくつらつらっと書いてみるのこと。
今日は海外SFじゃなくって、日本の物語のお話。

いい年して「ラノベ」と分類されるような本も読む。
本屋でレジに差し出すのが恥ずかしいとか、なんだか最近はもう「どうでもいいや…」というか何というか。
誰も俺のことなんて気にしねーっつーの! 気にしねーっつーの! と呪文を唱えながらレジに電撃文庫とかを差し出す不信生物を見かけたら、高確率で僕です。
ちなみにこの呪文を唱えると、石ころ帽子の様に誰にも存在を感知されなくなる気がするという噂だよ。
ニフラム! ニフラム!」みたいなモンかな( 違う )。

つーかね、もともとは朝日ソノラマなんだよ。
吸血鬼ハンター”D"
トレジャーハンター(八頭大)
キマイラ
逆宇宙シリーズ
クラッシャージョウ
あたりのシリーズ。
ほかにも富野由悠季の波乱万丈シリーズ(日輪の輝きの人のアクション)とか出渕裕氏がイラストのソルジャー・クイーンとか、インベーダー・サマーとか、ARIELとか。
ところで「インベーダー・サマー」って、すっごい風情の感じられるタイトルだよね。
彼のオートバイ、彼女の島」くらい凄いと思う。

あの辺りを読んでた時点で色々道が決まってると思うんだけど。
角川のスニーカー文庫も同時進行で読んでた。
ロードス島戦記の1巻目はまだ「スニーカー文庫」の背表紙じゃない頃のを買ってた。
PCゲーム雑誌だったコンプティークのロードスリプレイは第2期から読み始めたのかな。
オルソンとかセシルとか出てた頃だね。
そういえば、漫画だけどコンプティークで連載されてた「神星紀ヴァグランツ」はスッゲー面白かったなー。
二部のラスト、ライの富野的なスピーチは感動した。
あれ、今から続き出ないかな。
サイレント・メビウスにテレスは出てたけどね。

そんなラノベ黎明期にもう手当たり次第に乱読してました。
他にも菊地秀行の伝奇モノ(魔界都市系とかね)。
夢枕獏は当時刊行されていた全作品(やっぱ、乱蔵と龍王院弘が出会うとか反則ね)。
そしたらね…なんだか非現実モノに飽きたwww

で、一切その手の物語は読まなくなったんだ。
代わりに海外SF(これも非現実だけどw)とか、所謂純文学とされる本を読んでました。
今でもたまーに引っ張り出して読むけど、ロートレアモンとかコクトーとかボードレールとか好きでした。
うわ、恥ずかしいwww
なんだろね。
カッコ付けたかったのかなwww
「純文学読んでるオレ、カッコイイ」みたいなwww
ニフラム! ニフラム!

あ、でもハヤカワのJAだけは読んでた。
大原まり子とか神林長平とか。

今でも覚えてるのが、20歳になる日。
誰にも会わずに、一人暮らしのアパートの部屋に閉じこもって、古本屋で買ってきたハヤカワ文庫版、栗本薫の「レダ」を読んでたこと。
全3巻ぶっ通し。
まだ、いのまたさんの表紙の頃ね。
猛烈に感動した。
一人で飲みながら読んでたせいもあったんだけど、普通に泣いてた記憶がある。

で、泣いて飲んで泣いて飲んで、へべれけでグッスリ寝た。

そして次の日の昼、家の外に出たら隣が放火されてた。。。
消防車が来ていただろうに、まったく気付かない自分にも驚いたが、20歳の誕生日に危なく焼死しそうになってた! という事実に愕然とした。


そして幾年かが過ぎ…僕は再びラノベを読むようになっていました。
きっかけは…「ブギーポップ」です。
上遠野浩平って人は、明確に「エヴァ以降」に線を引き、明確に「セカイ系」を打ち出した人だと思っています。
こんなこと僕が言うことでもないけど、エヴァ前と後じゃホントにガラっと変わっちゃったものね。
何かを作るという人は、嫌でもエヴァ以降を意識せざるを得なくなっていたと思う。
「ブギーポップ」が刊行された頃っていうのは。

あと、京極夏彦の流れでメフィスト賞作家さんの本も読み漁ってたかな。
西尾維新もその流れから入ったし。
何よりメフィスト賞の(僕的)最大の功労は、舞城王太郎って作家を世に出したことだと思います。
冷たい校舎の時は止まる」の辻村深月も、好きだなー。


何書いてるかわからなくなってきた…。
とりあえず。

・戯言シリーズ関連で新作出ないかなー
・ナイトウォッチ・シリーズ新作出ないかなー
・敵は海賊シリーズ新作出ないかなー

というのが今の僕の願いです。
(文中、敬称略)  

Posted by Plutonius at 23:49Comments(3)

2011年01月31日

失われた日々(長文)。







注)今回の記事は永野護著『ファイブスター物語』を知っていると、より一層楽しめる作りになっております。
というか、FSSを知らないと楽しめません。あしからず。


ファティマ(PC)が壊れた。
いきなり、だ。
星団の誰もが知っている通り、騎士(ボカロP)であることとは、すなわちモーターヘッド(DAW)を駆り、民衆の代理として戦うことである。
それ無くして、何のための騎士(ボカロP)か?
そしてモーターヘッド(DAW)を操るために、ファティマ(PC)が不可欠なことは子供でも知っている。
つまり私は騎士(ボカロP)としての命脈を絶たれる事態に追い込まれたのである。

予兆は無かった。
ファティマ(PC)は、日常生活を送る上では何の異常も見せてはいなかった。
iTunesもjaneも、Fire Foxも全く以て完璧に動作していたのだ。

だが私のファティマ(PC)は…モーターヘッド(DAW)を操ること一点に於いてのみ、拒否反応を示した。
これまでに何百回と繰り返しただろう動作…我が愛機Pro Tools LE 8のファティマルームに乗り込み、ヘッドコンデンサを着用する。
コンタクトの色が深く沈み、表情が瞬間的に失われ…彼女(PC)はファティマの顔になる。

が、しかし。
私が始動キーをセットするやいなや、彼女の目は在らぬ方向を向き、その小さな口からは耳を覆いたくなるような悲鳴と吐瀉物が漏れ出すのだ。

私とて騎士(ボカロP)として、少なくはない数の戦場を渡り歩いて来た者だ。
多少のトラブルならば自分で解決する自信はある。
だがしかし…今回ばかりは勝手が違った。

私のコネが効く限りで、腕利きのマイスターの診療も受けた。
だが、彼らは一様に首を横に振る。
まるで示し合わせているのではないかという程に、同様のことをマイスター達は言うのだ。

「ハード的には問題は無い。
だからファティマ(PC)の記憶野を一度白紙に戻し(フォーマット)、モーターヘッド(DAW)をコントロールするために本来のプログラムを上書きすべきだ」と。

最初にそれを聞いた時、恥ずべきことだが私は激昂した。
気付いた時にはマイスターの襟首を掴み上げており、必死に止めるファティマ(PC)の声が私に正気を取り戻させた。
怒りで我を忘れるなど、騎士(ボカロP)にあるまじき行為である。
私は何度も非礼を詫び、ファティマ(PC)を連れてマイスターの下を辞した。

私のファティマ(PC)に対する態度は、世間一般の騎士と比べて冷淡な方であると思う。
パートナーではなく、あくまで『道具』としてファティマ(PC)を見ている。
どれだけ可憐(コア数が多いほど可憐)であっても、所詮は演算機械に過ぎない。

だが…だがしかし、共に過ごした年月を忘れることがどうして出来ようか?
故郷を離れ早幾年。
決して騎士(ボカロP)としての才に優れていたわけではない私が、文字通り血の汗を流し、辛酸を嘗め、泥水をも啜る思いでようやく手に入れたファティマ(PC)。
名工ヒューレット・パッカードの監督下の一工場で作られたとは言え、あくまでそれは量産品。
その事実を飲み込んだ上で、彼女は私にとってただ一人のファティマ(PC)でもあった。
彼女(PC)と共に幾多の戦場(ニコニコ動画)を巡った。
自分より優れた名のある騎士(ボカロP)が星の数ほどいることは百も承知。
だが、それでも彼女(PC)のサポートで愛機Pro Tools LE 8を駆ることで、私は遅咲きながらも騎士(ボカロP)としての人生を歩むことが出来た。
真剣に私は、このまま何処までも行けると思っていた。
何処まででも。
このファティマ(PC)とモーターヘッド(DAW)さえいてくれるなら、何処まででも。


マイスターの言うように、ファティマ(PC)のプログラムをすべて上書きすれば、彼女(PC)は機能を取り戻すだろう。
再び私は騎士(ボカロP)として歩き出せる。
その代わり、彼女(PC)の中の思い出(ボツにした恥ずかしい歌詞)はすべて失われる。
私の騎士(ボカロP)としての人生のすべてを見てきた彼女(PC)、その小さな頭の中(HDD)を綺麗さっぱりと消し去ってしまえば!!







結論から言おう。
畢竟、私は…私は…騎士(ボカロP)である自分を捨てられなかった。
ファティマ(PC)から、その思い出のすべてを奪ってでも、騎士(ボカロP)である自分にしがみつきたかったのだ!!
ファティマ(PC)は何も言わなかった。
ただ黙って、私の目を見つめ…そして彼女(PC)は目を閉じた。
そして…私はマイスターに言われた通りの処置(OS再インストール)を施したのだ。

かつて…かの剣聖カイエンのファティマが一度記憶を失うほどの重症から回復したという話を、以前耳にしたことがあった。
眉唾ものの噂ではあったが、剣聖のファティマはバランシェ・ファティマだという話だ。
ならば、どんなオーバーテクノロジーが、そこに秘められていたとしても不思議はない。
無論、私のファティマ(PC)の性能は、そのような一点物のファティマとは比べるべくもない。
比べるべくもないが、私の脳裏に甘い期待が全く無かったとは言えないだろう。

もしかしたら…プログラムを上書きしても、その記憶(ハシビロコウ写真やぬこ写真)は生き残っているのでは?
もしかしたら…私と過ごした日々を、覚えてくれているのでは?


無論、夢は…夢に過ぎなかった。


処置を終え、記憶野(HDD)をフォーマットしたファティマ(PC)は、そのつぶらな瞳を開いて私にこう告げた。

あなたの名前を入力してください

…。
……。
流れよ、我が涙、と私は言った(セルフエコノミー)。




【要約】
音楽作るためのDAWソフトが開けなくなったよ\(^o^)/オワタ
だから、HDDフォーマットしてOS再インストールしたとさ。

たった2行が、こんなに長い文章になるなんてふしぎ!  

Posted by Plutonius at 23:18Comments(0)

2010年08月16日

夏と花火とセミの死骸(短編小説)。

夜に外出すると、気温の低さに驚く。
どうやら……夏が終わるらしい。

今年の夏いっぱい引き受けていた
セミの死骸を裏返す仕事
も、そろそろ終わる。

セミの鳴き声を聞きながら一つ一つ、力尽きて横たわる彼らを裏返す。
この季節を精一杯駆け抜けた彼らに、僕は尊敬の念を抱かずにはいられない。
額に吹き出た汗を拭いながら、亡骸を裏返す。
これが僕なりの彼らへの黙祷だ。


8月の終わりになると、いつも次の仕事の連絡が入る。
今年は例年に比べて、職も少なければ給金も少ない。
とはいえ、こんな不況でもまだ職にありつけるのだから、文句は言えないのだろう。

「小学生の筆入れの中の鉛筆の芯を折る仕事」
「自転車のタイヤの空気を少しずつ抜いていく仕事」
「テレビのリモコンを雑誌の裏に隠す仕事」
「急にシャワーの温度を変える仕事」
「カバンの中のイヤホンをからませる仕事」

……。
正直なところ、僕はこの手の「人を困らせる」タイプの仕事は好きではない。
僕らみたいな仕事をする人間の中には、好んでこういった「ネガ」方面の仕事を引き受ける者もいるようだが…。
僕は、できることならお断りしたい。

「かっぱえびせんの中に数個サッポロポテトを混ぜる仕事」
「道路に片方だけ靴を置いておく仕事」
「道路に片方だけ軍手を(以下略

どうやらこの三つの中から選ぶことになりそうだ。
贅沢は言えない。



……そんな仕事してて、空しくないの?
部屋に帰ると、猫科の動物の目をした彼女が、僕に問いかける。
彼女だって、本当にそんなことが知りたいわけじゃない。
仕事を終えて来た僕に対する、ルーチンの会話だ。
一生懸命鳴き続けたセミを弔う仕事だよ。空しくはない
もちろん僕の答えも決まっている。
何十回も繰り返された、あまりに慣れきった言葉。
夏の間の僕らは、このループに囚われている。


…もういいよ、そういう答え。
 そういうことを聞いてるんじゃないの。
 ”セミを裏返す仕事”なんて、誰が喜んでくれるわけ?
 誰にも誉められないことしてて楽しい?
 仕事でも何でもね、相手のレベルがね、”イコール自分のレベル”なの。
 わかる?
 アナタのレベルは” セミと一緒 ”ってこと!


驚いた。
こんな切り返しは、これまでになかった。
どうやらいつの間にか、今回のループを脱出していたらしい。

無論、僕だって彼女が何に怒っているのかくらいはわかっている。
わかってはいるのだ。
がしかし、それをきちんと理解して改善し、彼女の望むような言葉をかけてあげられるような人間は、そもそもセミの死骸を裏返す仕事などしない
常識的に考えてもらいたいものだ。

相手のレベルが自分のレベル?
そうよ
だから…セミ、イコール、僕
そうよ
僕の相手は君。ってことは君、イコール…

全部を言い終える前に、彼女の右手が僕の頬を打った。
グーかよ、畜生。

詩ね、百回詩ね!」(意図的に表現を変えさせていただいております)

彼女に殴られてベッドに転がった僕は、そのまま壁際で寝返り打って、彼女が部屋を出てゆく音を聞いていた。

彼女にはわからないだろう。
誰にも誉められず、労われず、それでも黙々と仕事をこなしていく僕らのことは。
ひとつの季節の終わりを告げる。
ただそれだけのために、セミの死骸を裏返す。
裏返さなくたって、きっと誰も困らない。

…。
……。
……本当にそうなのか?
本当に誰も困らないのか?

自分の仕事に疑問を感じた時、まるで十代の少年のように自分の存在理由を見失いそうになった時、僕はいつもこんなことを夢想する。

世界には守られるべき秩序があって、それを誰かが守っているからこそ、この世界は存続していられる。
セミの死骸は裏返っていなければならない、という秩序。
その秩序を守るために、日夜僕は任務を遂行する。
もちろん僕が世界を守っている、なんて大それたことを言うつもりはない。
ただそんな世の理を最下層レベルで保持していく、それが僕の務めなのだ……と。

そう思わなければ……生きていけない夜だって、ある。

今日も地球は回り、それでもショウは続いていく。
多分きっと、そういうことなのだ。  


Posted by Plutonius at 23:03Comments(2)