2010年08月16日

夏と花火とセミの死骸(短編小説)。

夜に外出すると、気温の低さに驚く。
どうやら……夏が終わるらしい。

今年の夏いっぱい引き受けていた
セミの死骸を裏返す仕事
も、そろそろ終わる。

セミの鳴き声を聞きながら一つ一つ、力尽きて横たわる彼らを裏返す。
この季節を精一杯駆け抜けた彼らに、僕は尊敬の念を抱かずにはいられない。
額に吹き出た汗を拭いながら、亡骸を裏返す。
これが僕なりの彼らへの黙祷だ。


8月の終わりになると、いつも次の仕事の連絡が入る。
今年は例年に比べて、職も少なければ給金も少ない。
とはいえ、こんな不況でもまだ職にありつけるのだから、文句は言えないのだろう。

「小学生の筆入れの中の鉛筆の芯を折る仕事」
「自転車のタイヤの空気を少しずつ抜いていく仕事」
「テレビのリモコンを雑誌の裏に隠す仕事」
「急にシャワーの温度を変える仕事」
「カバンの中のイヤホンをからませる仕事」

……。
正直なところ、僕はこの手の「人を困らせる」タイプの仕事は好きではない。
僕らみたいな仕事をする人間の中には、好んでこういった「ネガ」方面の仕事を引き受ける者もいるようだが…。
僕は、できることならお断りしたい。

「かっぱえびせんの中に数個サッポロポテトを混ぜる仕事」
「道路に片方だけ靴を置いておく仕事」
「道路に片方だけ軍手を(以下略

どうやらこの三つの中から選ぶことになりそうだ。
贅沢は言えない。



……そんな仕事してて、空しくないの?
部屋に帰ると、猫科の動物の目をした彼女が、僕に問いかける。
彼女だって、本当にそんなことが知りたいわけじゃない。
仕事を終えて来た僕に対する、ルーチンの会話だ。
一生懸命鳴き続けたセミを弔う仕事だよ。空しくはない
もちろん僕の答えも決まっている。
何十回も繰り返された、あまりに慣れきった言葉。
夏の間の僕らは、このループに囚われている。


…もういいよ、そういう答え。
 そういうことを聞いてるんじゃないの。
 ”セミを裏返す仕事”なんて、誰が喜んでくれるわけ?
 誰にも誉められないことしてて楽しい?
 仕事でも何でもね、相手のレベルがね、”イコール自分のレベル”なの。
 わかる?
 アナタのレベルは” セミと一緒 ”ってこと!


驚いた。
こんな切り返しは、これまでになかった。
どうやらいつの間にか、今回のループを脱出していたらしい。

無論、僕だって彼女が何に怒っているのかくらいはわかっている。
わかってはいるのだ。
がしかし、それをきちんと理解して改善し、彼女の望むような言葉をかけてあげられるような人間は、そもそもセミの死骸を裏返す仕事などしない
常識的に考えてもらいたいものだ。

相手のレベルが自分のレベル?
そうよ
だから…セミ、イコール、僕
そうよ
僕の相手は君。ってことは君、イコール…

全部を言い終える前に、彼女の右手が僕の頬を打った。
グーかよ、畜生。

詩ね、百回詩ね!」(意図的に表現を変えさせていただいております)

彼女に殴られてベッドに転がった僕は、そのまま壁際で寝返り打って、彼女が部屋を出てゆく音を聞いていた。

彼女にはわからないだろう。
誰にも誉められず、労われず、それでも黙々と仕事をこなしていく僕らのことは。
ひとつの季節の終わりを告げる。
ただそれだけのために、セミの死骸を裏返す。
裏返さなくたって、きっと誰も困らない。

…。
……。
……本当にそうなのか?
本当に誰も困らないのか?

自分の仕事に疑問を感じた時、まるで十代の少年のように自分の存在理由を見失いそうになった時、僕はいつもこんなことを夢想する。

世界には守られるべき秩序があって、それを誰かが守っているからこそ、この世界は存続していられる。
セミの死骸は裏返っていなければならない、という秩序。
その秩序を守るために、日夜僕は任務を遂行する。
もちろん僕が世界を守っている、なんて大それたことを言うつもりはない。
ただそんな世の理を最下層レベルで保持していく、それが僕の務めなのだ……と。

そう思わなければ……生きていけない夜だって、ある。

今日も地球は回り、それでもショウは続いていく。
多分きっと、そういうことなのだ。  


Posted by Plutonius at 23:03Comments(2)

2010年08月10日

ちょっと先の話をしよう。

夏。
そう…夏だ。

夏の陽射しの中で、ちょっと頭朦朧としてくる感じはキライじゃない。
キライじゃないけどソレ、熱中症なりかけだからな。。。
そんなボーッとした頭で。
今日は僕の好きなボカロ曲の紹介をしようと思う。

夏の陽射しもあと数週間もすれば薄れてしまう。
夏の日のすべては思い出の中へとしまわれていく。
あの子と過ごした時間も思い出の一つになって、やがて薄れていくのだろう。
そして、それを覚えていたことさえ忘れてゆくのだろう。
僕らは忘却の奴隷。

そんな季節には、この曲が聴きたくてたまらない。
夏透明電気信号オモイデ』ジェバンニP


ほんっとに好きです。
ジェバンニPさん、こんな素晴らしい曲、作ってくれてありがとう!!

歌詞を是非読んで、曲を聴いていただきたい。
まとめて見たい方は、こちらからどうぞ。

切ねーなー。
でも、覚えてるあいだは覚えてるんだよ。
あの夏のことはね。  


Posted by Plutonius at 01:56Comments(0)

2010年08月10日

【C78】4枚組コンピアルバム『Try!』

はてさて、夏真っ盛り猫まっしぐらな昨今、皆様いかがお過ごしですか???
僕はPCの前から一歩も動かずに生きる日々を続けておりますハヤカワPです。
ちなみに空気椅子ですけどね。
人間椅子だったらヤだけどね。


さて、夏コミのお祭り目玉企画。
ネット上では色々と話題になっている総勢40名以上のPが参加するコンピ。
その名も 『Try!』 、どういうワケかワタクシPlutoniusことハヤカワPも一枚噛ませていただいております。
↓特設サイト


僕の作品、「Summer Fiction」はDisc 1に収録されております。

特設サイトで試聴もできますし、ニコニコにはクロスフェードデモもUPされておりますよー。


まぁ僕はさておき、4枚組でこれだけのPの方々の新曲・リアレンジ・リミックス曲が収録されているってのは、はっきり言ってトンデモない話だ。
「…何でお前(僕、ね)いるの???」という疑問が喉元までせりあがっている皆さん!!
確かにその通りだが。
その通りなんだが……曲は自信あるアルよ
というか、コレ以上のこと出来ませんッ!!っていう限界まで、脳と耳を絞り上げて制作した渾身の作です。
最後のエメラルドスプラッシュくらいの何かが込められていること、間違いなし!!
ジョナサン最後の波紋くらいの何かが込められています!!
アレ、これ死んじゃわね???


そんなわけで、皆様是非是非手に入れていただきたいと思います!!  
タグ :C78Try!VOCALOID


Posted by Plutonius at 01:28Comments(0)

2010年08月08日

過去曲11曲目「灰と青春」

正月4曲連日UP……そんな頃が僕にもありました。。。

2曲目にUPしたのがこの「灰と青春」です。


わかる人にはわかるけれど…わからない人にはまるでわからない。
WizardryというコンピューターRPGの古典作品をモチーフに書いた曲です。
そしてタイトルはそのWizardryをノベライズしたベニー松山氏の作品「隣り合わせの灰と青春」から。

この曲に込めた気持ちは、もう投コメに書いた通り。

誰もが勇者になれるわけではなくって、でもそれでも挑む人々がいて。
志半ばにして潰えてしまった彼らの夢、それを歌にしたいと思いました。

イメージ的にはゴッド・ハンドになる直前、グリフィスのモノローグ。
子供のグリフィスの足元に累々と横たわる死体。
ちょっとグロいけれど、アレのビジュアルイメージが強いです。

そして「青春」という言葉。
よく「青春ナニソレ美味しいの?」的なコメントをネット上で見かけますがw
でも、僕はどんな形であっても、青春と呼べる季節が万民にあるはずだと思っています。
キャッキャウフフだけが青春ではないんですよ!!
そのキャッキャウフフを横目で見ながら
「…リア充爆発しろ」
脳内でイオナズンを唱える日々だって、それはそれで青春なんだと思います。
部屋から一歩も出ず、扉の前に食事が置かれ、時折ゲームコントローラーをぶん投げたり部屋の壁に穴を開けたりしちゃう日々だって、それはそれで青春の一つの形でしょう。
ビキッ、ビキッ、ってさせながら週刊少年マガジン的ヤンキー世界で、“不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまう”青春だってあるでしょう。
セクシーコマンドーに没頭する青春も、世界一強い男になるために東京ドームの地下で戦う青春もあるでしょう(いや、それは無い…)。

だからきっと。迷宮のある世界で。
一旗あげることを夢見て、暴力渦巻く地下迷路に挑む日々があったとしたら。
それが若き日であるならば、やっぱりそれも青春なのだと、僕は思います。

あと、歌詞でちょっと触れてますけど。
夢、ってのは…時に重い鎖にもなってしまうよね、と。
別のところで最近書きましたが。
夢は人を狂わせるし。
夢は人を祟るし。
夢は人を呪うし。
夢は人に取り憑くし。
それはきっとどんな世界であっても、変わらない事だと思う。


音の話をすると。
ホントはエレクトロニカっぽい曲にしようと思ってたんだよね。
でも、そもそも僕、そんなにエレクトロニカ聴きこんでないんだwww

そこで、一応ドラムは普通にビートを刻んでもらおうかな、と。
ただしかなり歪ませたり劣化させたりしてますが。

で、途中から
「あ。Creepにすればいいのかicon12
と思いつきまして。
サビで轟音ギターを入れることにしましたのことよ。

サビのメロディは、かなり気に入ってます。
ただ、そこにたどり着くまでのAメロが単調すぎるのかなーとは思ってますが。。。  


Posted by Plutonius at 01:16Comments(0)