2011年12月23日

X'masクトゥルフソング「星から来たるもの」

クリスマスの魚貝類と言えばクトゥルフ。
『妖神グルメ』大好き、そんなハヤカワPです。

疾走感溢れる人類滅亡を曲にしてみました。
クトゥルフ神話モノです。



設定としては…
「人類滅亡後の地球で発見された音楽データ。
 それを聴いた現・地球人(?)は…」
ってな感じです。

きっかけはウルトラマン。
ウルトラマンって……何つーか意志疎通出来なそうな顔してるよな……
という何てことない思いつき。
姿形は人間型ですが、だからこそ感じる違い。
此方と彼方の夢幻の距離。
遠い宇宙の果ての、僕らの理解及ばぬ生命。
星からやって来るモノ、って考えるとクトゥルー神話っぽい……じゃあウルトラマンじゃなくって旧支配者が来た((((;゜Д゜)))って曲書くでござる絶対働きたくないでござる!と、僕の心の中の剣心が言ったとか言わないとか。

実際、クトゥルフをモチーフにした回もあったとか無かったとか。


イラスト無しで文章にしたのは……そういう試みもしてみたかったから。
文章と音楽って組み合わせで、どこまでリスナーの方々に滅亡感を伝えられるか⁉ という。

ポイントはイントロとアウトロのリードギターですかねー。
これ色々フレーズ考えて弾いてみたんだけど、どれもしっくり来なくって(´Д`lll)

結構本気でイライラきてたんですよwww
自分滅びろ!って思ってたwww
で、その怒りに任せてアドリブでガーッて弾いたら良かったb(・∀・)

なのであのイントロは、本気で色々滅ぼす気MAXなのですw

声はレンのcoldとseriousをブレンドしました。
か細い感じにしたかったのてすが……実際どうでしょう?


最近、ハヤカワPのくせにSF要素薄かったり、SFっつーかオカルト⁉だったりと迷走しております。
本人としては、ハヤカワってより「創元ネタ」多いよなー、と思ってますw
ギリギリで科学にふみとどまるオカルトっぽさ、もしくは踏みとどまれずに行き過ぎてオカルトに近付き過ぎた科学。
そんなものに、僕は愛着を感じているのです。

生誕祭に1曲上げます。
今度はちゃんと「レン」の歌をw  


Posted by Plutonius at 21:37Comments(0)