2013年07月29日

ZOLAで新曲とセルフカバー。

ZOLA買ったどー!!
いやー、これは本当に高性能と言わざるを得ないね。
こういう声を待ってた気がする。

これまでレンの少年声で幾つも曲を書いてきたけど、時にはもう少し年齢高目の歌声が欲しい時もあって。
でも、KAITOや先生ほど年上じゃない感じ。
そういうニーズに応える声ですね。


新曲の「Have you ever seen the rain?」は曲名をCCRから頂きました
と言っても、僕はRAMONESがカバーしたバージョンの方ばっかり聴いてるけど。
CCRとは全く違う曲調だし、テーマも違います。あっちは反戦だしね。

この曲はもうギターで一気に突っ走ることを目標に書きました。
テーマ的には…天気雨の最中にゲザーがふと顔を上げた、って感じですwww

僕は歩いてる時ってホントに風景を見ないのね。
なので、当然空なんて見ることは無いわけですよ。
でも、たまーにビルの合間から空を見ることがあります。
あー、こんなだったな、そう言えば
とか、思うわけです。
そういう気持ち。

よって僕はオニール型コロニーで暮らしても、閉塞感を感じることの無いタイプだと思われます。
宇宙移民にピッタリ!!


そして、もういっちょセルフカバー曲。

懐かしの「シュドゥリゲラー・シュルエテリ」です。
これをWIL歌唱でリミックスしました。
リズムは結構変えてます。

WILの声を初めて聴いた時、かすれた感じがとても気に入ったのね。
うまく使えばウィスパーになるし。
なので、この声は通常WILに無声音をかぶせてます。

もう4年近く前の曲なんだね。
僕の中ではまだ最近なんだけどwww
改めて聴くと何つー歌詞だ…orz、と思わざるを得ないw

UP時には中森明菜の「ジプシークイーン」の歌詞の一節、
化石になってもいい
が元になって…って書いてますが、もう一つ結構ダイレクトに影響を受けているモノがあります。
「蟲師」の漆原友紀さんの短篇集「フィラメント」のに収録されている「化石の家」っていう結構そのまんまのタイトルの作品です。
僕は漆原友紀さんの作品が大好きなのですが、中でもお気に入りです。
にっちもさっちもどうしようもない時に、或るタイプの人間は心を幻想に逃がすことがあります。
そんな哀しい姿を描き出した傑作です。
ちなみに或るタイプってのは僕みたいな人間のことだし、それを人は妄想と言うんだけどな!!

もう1曲くらいZOLAでカバーしてみようかなと思ってます。
ご期待ください。
  


Posted by Plutonius at 00:39Comments(0)

2013年07月20日

カラオケの話とコミュニティと没歌詞の話。

いやー、ホント暑い日が続いてこれから「夏!」って感じですねファッキン
気温上昇とともに街の馬鹿さ指数もうなぎ登りで、ホント暑いマジ暑い宇宙ヤバイ
夏って最高!!
早く終わらないかな!!

さて、まずカラオケ化のお話。
JOYのリクエストで拙曲「君は無慈悲な僕の女王」と「少女ノワールあるいは悪徳の栄え」のカラオケ化が決まりました


投票してくださった皆様には、どれだけ感謝してもしきれません。
本当にありがとうございます。
心配なのは自分で歌いに行った時に「少女ノワール」歌えるのか!?ということですかね。
人が歌うこと想定していないんでねぇ…。
ま、それも良し。

あと、有志の方によるコミュニティが立ち上がりました

「コミュニティ作らないんですか?」
ってのは、これまでもよく聞かれてたんですが、僕の中では「コミュ作る = 生放送する」なので

生放送で話すことなんかないっつーの!!

という理由の元にこれまで避けて参りました。
別に生放送しなきゃ、ってものでもないよね、ホントはwww

で、先日とある有志の方からコミュ立ち上げのお話をいただいたので、快諾させていただきました。
発足当初は「非公認」だったのですが、僕の方で認知させていただいたので、今は「公認」ですwww

上に書いたような理由で「僕自身が生放送する」とかはまず無いと思いますが、皆様よろしかったらご加入くださいな。


ところで、「Night Walker」の没歌詞が出てきた。

面白いので、ここに晒しましょうw
悪くはないけど、やはり没は没になるだけの理由がありますな。

「Night Walker(没)」
奪われ埋められた身と知れど
せめて今夜だけ
街の灯りを遠くにのぞみ
君の名前を呟いた

夜な夜な伸びていく爪が
夜な夜な伸びていく髪が
愛おしいと鳴いているよ
生命無きこの身の冷たさ
土の下から会いに行こう
重い身体を引きずって
真夏の夜に会いに行こう
生命無きこの身に宿る炎
夜が明ける
その前に

時がこの身を崩すには
今しばしの猶予
最早薄れた記憶の中で
君の面影くっきりと

ほつれた服を引きずり
崩れる脚を叱咤して
呻く様に唱えてるよ
君の名前を何度でも
夜の帳が優しく
呪われたこの身を隠して
だから僕は会いに行くよ
あの日の夜と同じ様に
夜が明ける
その前に

思い出したあの日の君の表情(かお)
地を這う虫を見るよな 嘲りと蔑みの瞳

愛してるのか憎いのか
もう僕には分からない
ただただ君をこの腕で
潰れるほどに抱きしめたい

夜の帳が優しく
呪われたこの身を隠して
だから僕は会いに行くよ
あの日の夜と同じ様に

土の下から会いに行こう
重い身体を引きずって
真夏の夜に会いに行こう
生命無きこの身に宿る炎
夜が明ける
その前に
もう君の 家の前
  


Posted by Plutonius at 00:31Comments(0)