2014年01月26日

新曲「蝶よ花よ」。

新曲はZOLAです。KYOです。
はっきり言っておくが、コンテストで受賞したから、ってのが頭にないわけではない。
そりゃ僕だってこの期に乗じて…くらいのことは思うのだw


で。在原業平が頭にありました。
「蝶よ花よ」っていうタイトルとサビのメロディは最初っからあったの。
でも、その先をどう展開させるか、ってとこまでは、何も考えてなかった。
結果として、古典でありがちな恋愛モノと相成りました。

イラストをお願いしたラケルさんには
ヤツ(在原業平)は絶対無頼な感じのヤツだと思う!
って根拠レスの主張をして、絵をお願いしました。
何を理由に言ってるんだか知らないけどw
ただ昔から伊勢物語読むたびに、風雅を気取るヤツが気に食わなかったんだよなw

ラケルさんのイラスト、ポイントはところどころ入る螺鈿風の描写ですね。
僕が依頼したわけじゃなくって、ラケルさんからの提案だったと思うんだけど、
「それ、アリだね!」(実際には敬語です)
って言ってから、よーく考えてみると
RGBで螺鈿ってどう描くわけ?
と思った。
あれって色とはまた別の光沢じゃん!

ところがですよ。
完成見たら唸ったね。
マジで螺鈿テラ螺鈿!
ほー!
とか声出たもんね。
この方にはホント脱帽です。

何で和風タイトルと歌詞なのに曲は8ビートなんだよ! と思う方もいるのでしょう。
言いたいことはわかる。
ちょっとは思う。
でも反省はしていない。

古語(擬古典調)で歌詞を書くってのは初めてやったけど、これ気使うね。
何に気を使うかって、古語ってさ、厳密には時代によって細かく違うんだよ。
上代の古語と江戸時代の古語を混ぜたりすると、何かカッコ悪いかなぁとか思って。
一応調べたんだけど、何分現代人なもんでw
違ってたら…まぁ大目に見てよw

そんなわけで、次の作品も作ってますよー。
次は鏡音かな。

そいではばいにー。
  


Posted by Plutonius at 23:31Comments(0)