2010年05月08日

8曲目「もうひとつの夏へ」

他人の評価がどれほどであろうとも、自分にとってはNo.1ってモノが誰にだってあるだろう。

たとえアナタの彼氏がギャンブル狂でDVでジャンキーで露出狂で快楽殺人者で…他にもここに書けない奇橋な性癖コンボの大型量販店であっても、
「でも…時々すっごい優しいんだもん!!ワタシにとっては1番なの!!icon06
といったケース。
よく耳にします。
まぁ、これはしかるべき機関に相談すべき事例ですね。


他にも、故郷の友人に
「やっぱ澪だろ、常識的に考えて…」
って言ったら、
バカヤロウ!!
 紬ちゃん一択だッ!!!

と叱られたことのあるハヤカワPが通りますよっと。


何を言いたいのかというと、今回紹介する「もうひとつの夏へ」という曲。
これまでの人生で書いてきた曲の中で、僕はこの曲が1番好きだ。
たとえ、他者の評価がついてきていなくても。


題材というかモチーフにしている小説、「もうひとつの夏へ」「サマー/タイム/トラベラー」この二つの作品に内包されている喪失感。
まぁ、それぞれ違うんだけれども、それをよーっく咀嚼した上で、僕なりの形で喪失感を曲に落とし込めたんじゃないか、と思っている。

現実じゃまず在り得ない
「 何を失ったのかは分からないが、ただただ喪失感だけが胸に残っている 」
コレをやれたんじゃなかろうか、と。


このタイプの喪失感はSFテイストを持った物語や、非日常的な題材を扱った物語の中では良く出てきます。
記憶の喪失と一緒に語られることが多いよね。

が。
これ、日常の風景で在り得るのかと言えば、NOだ。
っつーか、そんなに周りに記憶喪失者いないでしょ?

日常になりにくい感情って、歌っても共感を得にくいんだよね。
だから、あんまりこういう題材の曲ってない。


でも、僕はそれを曲にしたかった。
胸に空いた穴。
穴の形から、その輪郭は想像できる。
でも、そこに何があったのか、わからない。
何を失くしたのか、わからない。
喪失に伴なう痛みだけが、ただただ胸を締め付けて…苦しい。

これをね。
やりたかったのよ。


音的には小田…というより、オフコースですよね!!やっぱ。

まぁ、イントロとかイントロとかイントロとか、ねwww

サビがサビになってない、と途中で思い直し、サビの後にさらにサビ’をくっつけたwww
「あいやいやー」ってのは…もののはずみだ!!
別に「あい! あい! はすたあ!」でも良かったんです(ダメです)。


同じカテゴリー(VOCALOID)の記事画像
クロスフェードと新曲ちゃん。
ボマス23クロスフェードデモUP。
M3参加と鏡音コンピのお話。
3rdアルバム通販します。
新譜情報!
日本赤十字社に募金。
同じカテゴリー(VOCALOID)の記事
 今更ですが、ほぼ移転のお知らせ。 (2016-03-28 12:43)
 2014総括。 (2014-12-25 00:20)
 新曲「極東浪漫少年少女」。 (2014-11-03 17:45)
 HP作りました (2014-07-23 00:30)
 修正アリでした。 (2014-03-24 00:46)
 卒業ソング?「Childhood's End」UPしたよ。 (2014-03-23 15:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。