2011年05月24日

ハヤカワPの材料 その1

こんなモノでできている

誰得な内容だが、僕が大好きで、だから何らかの影響を受けているんだろーなー、という音楽について。
今回は日本。

<ソロ編>
・天野月子
言っちゃ悪いが椎名林檎クローンとして世に出て来たように思う。
本人はどう思っているかはさておき、林檎不在時にデビューしたシンガーソングライター女子はだいたいそういう扱いだったよね。
ただ、個人的には天野月子さんの方が好きです。
つーか、そもそも別モンだしね。
「光線」「萌」が好き。

・大沢誉志幸
日本のR&Bの草分け…だけど誰も彼をそういう文脈では語らない。
曲が素晴らしいのはもちろん、リズムが素晴らしいッス。
CITY HUNTERのOPにも使われた「ゴーゴーヘブン」をカラオケで歌ってみりゃ分かる。
常人離れしたリズム感がなきゃ、カッコよく歌えない…と言うか、歌として成立しない。

・岡村靖幸
言わずと知れたプリズナーwww
よく「天才」の括りで語られる人だけど、どっちかと言うと尋常じゃない努力で自分の才能の鉱脈を掘り当てた人、に思える。
真面目な人、なんだろうな。
その結果はどうであれ。

・川本真琴
若き日の一瞬間を、達人カメラマンのように切り取り差し出す。
「タイムマシーン」ほど、90年代ハイティーンの鬱々とした気持ちをリアルに歌い上げた曲を、僕は知らない。
しかし、可愛いかった…。

・吉川晃司
兄貴!

・佐野元春
ビートニク。
ロックンローラー。
洒落オツ。
ところで、「落」って字は「」じゃないんだぜ。
横棒が一本無いんだ。

・関口誠人
元C-C-B。
筒美京平チルドレン…だと思うんだけど、違うかな?
つーか、筒美京平氏の後に自分らの曲作らなきゃいけないって、どれだけのプレッシャーなんだろう。。。
ソロになってからの方が、世界観に統一性があって好き。
独特なオリエンタルメロディにメロメロです。

・Saori@Destiny
Perfumeクローン…なんだけど個人的には彼女の方が好き。
何つーか、中田ヤスタカ氏が売るために捨てた部分が、より濃く残ってる気がするよ。
タイトルもいい。
「0の魔法とヒステリックスナイパー」とか、厨二率高し。

・ミドリカワ書房
こんなに才能に満ち溢れた人がいたのか⁉ と驚いた。
そして案の定、そんな売れなかったw
「顔」は屈指の名曲だ。
美容整形の歌で、男の胸をこんなに苦しくさせるなんて…この人にしかできない。

・布袋寅泰
世代だからね、もう血であり肉なんスよ。
嘘か誠か、bit単位でギターのリズムを弾き分けられると…。
あり得るよな…と思ってしまうところがすごい。
あと、江頭のテーマ(違うw)を作ったこと、江頭にツンなトコが良い。

<バンド編>
・RCサクセション
ロックはもう卒業だと、アイツは髪を切るのさ♪
レスポールが重すぎたんだろう♪

・Blanky Jet City
異常に研ぎ澄まされた純粋さの結晶。
こんな感受性をしてたら、生きていくだけで辛い。

・thee michelle gun elephant
音を聴く度に、殺されるんじゃないかと思う。
ギターの音を一言で例えるとしたら「殺気」。
あからさまな耳が痛いような音じゃなくって。
前述のブランキー浅井氏の音が、研ぎ澄まされて紙のように薄くなった刃だとしたら、アベフトシ氏の音はナタ
聴く度に、切れ味鋭いナタで身体を切り刻まれるような気持ちになる。
R.I.P

・GO-BANG's
森若香織のソングライティングは至高。

・すかんち
リスペクトの本当の意味を知った。
先人への愛に溢れるローリーを愛してる。

・Love Missile
ジグジグじゃないよ。
元カブキロックスの青木さんのバンド。
異常に甘ったるい音。

・coaltar of the deepers
シューゲとメタルとオルタナを足したら、カッコ良かった。

・Plastic Tree
ビジュアルさんだとは思っていないw
オルタナの人って印象。

・COLOR
関西ビジュアルさん、Freewillの代表。
今聴くとわかるがメタリックなリフがあるとは言え、どう聴いてもパンク以外の何者でもない。
「俺らは洋楽を目指している」というインタビュー記事に、とてつもない無軌道さを感じた。
中々言えないよ、洋楽を目指すってw

・the pillows
ギターが凄い。
歌詞がすごい。
スケアクロウは屈指の名曲。

・聖飢魔II
何つーか…カブくなら、全力で行かないと余計に恥ずかしい、ということを学んだ。


同じカテゴリー(音楽一般)の記事
 遠きにありて思うもの。 (2013-06-17 00:04)
 バックボーンについて その4。 (2010-06-16 22:29)
 バックボーンについて その3。 (2010-06-12 20:45)
 バックボーンについて その2。 (2010-06-12 15:40)
 バックボーンについて その1。 (2010-06-09 23:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。