2011年12月31日

2011総括。

今年も残すところ10数時間となりました。
一応、僕の中では1999年に一度世界は滅びて、僕らは誰かが見る夢の中で存続しているという大塚英志氏『リヴァイアサン』設定を採用しておりますのでwwwあれからもう12年かー、と感慨深いやら深くないやらwww

今年のハヤカワP活動としては…
・17曲UP! (2010年13曲、2009年9曲)ペース上がってたのか!?
 このペースだと来年21曲UPじゃねーかwww無理無理。
・2ndアルバム『飛ぶ教室』頒布
ってなトコでしょうか。

一応、1曲ずつコメントしていこうかと思います。

「ハレーション/ゴースト/ロマンス」
2010年の12月にUPした「妖/精/作/戦」に引き続き、笹本祐一氏の『妖精作戦』シリーズを勝手にトリビュートしたものの2発目。
そういや、「ハレーション・ゴースト」も復刊したね!! おめでとうございます!!
曲は悪くないと思う。
しかしエコノミー画質回避のために、動画のビットレートを落としてUPしたのが、結果的にはまずかったかなぁ…と思っています。


「カナシミ/テレパス」
妖精作戦トリビュート3発目。
個人的にかなり好きな曲。
かつてUPした「灰と青春」の延長線上にある曲調です。
こういう曲ってアコギが入ってるとさらにいいと思うんだけど、持ってないし、録音できる環境でもないので、いつもそこで四苦八苦します。


「the/day/after」
妖精作戦トリビュート4発目。ラスト。
これはもう最初っから「泣きのメロで行く」と決め打ちで作りました。
僕が曲を思いつくのは高確率で自転車走行中かお風呂中なんですが、これはお風呂ですねw
お風呂で歌って全部作りましたwww
そう思って聴くと風呂っぽいかも。
言葉の意味はよく分からんが「エモい感じ? っつーかエモって何? イースタンユースのこと?」という挑戦もあります。


「恋の秘法はネクロノミコン」
数字が欲しいか欲しくないかって聞かれたら、そりゃあ欲しいですよ!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
でもねー、それで作りたいもの作れなかったら意味ねーじゃん!! とばかりに、趣味力全開でぶっ放してみましたw
リンの声といい、歌詞といい、曲調といい最高に気に入っている。
むしゃくしゃしてやった。後悔はしていない。
ちなみに言ってなかったけど、このリンは人間として育てられて、本人もそう思い込んでいるショゴス、という設定ですwww テケリ・リ!!


「blue」
これも趣味力全開スターライトブレイカーな一発です。
何か新しいことやろうと思い、声優さんにセリフをお願いしました。
ロボのデザイン・イラストを担当してくれたkamekichi27さんには本当に助けられました。
3.11から一月後ということもあり、ロボットアニメOP風でありながら、如実にその影響は表れていると思います。


「霊能少女の繁栄と衰退」
勝手に「少女シリーズ」と銘打って投稿したものの第一弾。
SF…ではないけど、日常ではない。
Sukoshi Fushigiな恋の歌。少し悲しい恋の歌。

スカなサウンドは初めて作ったけど、昔結構聴いていたので割とすんなりいけました。
SKA FLAMESとかOi-SKALL MATESとか。
昔、とある音楽ライターの人と話してて、こんな話が出ました。
「skaじゃないバンドが、たまにskaの曲作ると目茶苦茶カッコいいものが出来ることがある。
それは1曲にskaのカッコいい要素全部詰め込めるからなんだよね。
逆にskaのバンドはskaであるのは当然で、その中に何を取り込んでいくか、ってところが大事だったりする。
skaっていう縛りの中で、長い間やり続けることって凄いよね」
これは別にskaに限った話じゃなくって、他のジャンルでもそう。
縛りがある中で、バラエティを持たせることの難しさ。
だから、この曲は僕なりにskaのカッコいい要素全部詰めたので、もう作れませんwww


「科学少女への憧憬と現実」
少女シリーズ2発目。
僕の作った4つ打ち曲の中で、一番完成度高い…と本人は思ってるw
シュタゲの助手が何故あんなにも魅力的なのか?という答えが集約されてます。
あ、ブルーバックスって何? って質問があったのですが、ブルーバックスってのは講談社さんが出してる自然科学をやさしく解説してくれるシリーズです。
http://www.kodansha.co.jp/bluebacks/


「文学少女と窓際の関係」
ボカロバラードってタグが付いたとこを見ると…バラードなのかな? かな?
もしそうだとしたら人生初のバラードかも。
教室のカーテンが風で膨らむ、あの情景を音にしたかった。
情景を落とし込むことには見事成功したかと思ってます。


「ゆらぎの宇宙、恋と未来」
ご存知Kagamination参加曲です。
初めて僕以外の方が動画を手がけてくれました。
イラストも担当の涼さん、素晴らしい動画ですよ!!
この曲を作って提出したのはかなり前だったんですが、概念的にシュタゲに近いものがあって驚いたΣ(´∀`;)
自分が上手くいってなくても、成功している自分が平行世界のどこかにいるから大丈夫!!…ってそんなワケあるかーーーーーwww
と思う方も多いだろうなぁwww

実は音的には拙曲「サクラフィクション」と同じ路線を狙ってます。

そして、この間決定したのですがw
僕の作る鏡音曲、そこに出てくるリンレン二人。
その殆どは、この「ゆらぎの~」の平行世界の二人です。

少女シリーズも。Summer Fictionも。静かの海の片隅で、も。
サクラフィクションも、かな。イマジナリーコンパニオンのリンが消えてから、実在のリンに出会うんでしょうね。
あ、ネクロノミコンは違うけどw
僕の作る鏡音曲、その根幹にある設定がこの「ゆらぎの宇宙、恋と未来」です。
そうなりましたwww


「少女カナリアと煉獄」
少女シリーズ第二期、一発目。
第二期は一人の少女を多面的に切り取る、という試みでした。
つーか、多面過ぎんだろwww
日本歌謡曲の遺産を勝手に食い潰す、がこの曲のテーマでした。


「少女探偵 奇矯にして酔狂」
少女シリーズ第二期、二発目。
これは完全に曲先行でした。
15/16拍子っていう、自分でもびっくりのリズム。
古い映画のサウンドトラックのような音を目指しました。
推理小説の探偵って、感性が人間じゃないよなぁ…と常々思います。
金田一耕介くらいですかね、人間だな、って思うのは。
御手洗くんとか宇宙人だろ。

あ、ワタクシ、ミステリーはかなり好きですよ。
しかもこういうベッタベタな孤島、嵐、洋館、密室…とか大好物ですね。


「少女ノワールあるいは悪徳の栄え」
少女シリーズ第二期、3発目。
富豪、探偵、怪盗…ベッタベタです。
タイトルは勿論マルキ・ド・サドの『ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え』から拝借。
蟻さんっぽい曲って、一度は書いてみたくなるでしょ?
テーマ的にもそれにぴったりだったので…やっちゃいました。


「メメント・モリ」
V3購入のタイミングと相まって急遽UPとなりました。
Mewさんの声はとても綺麗ですね。
汎用性は高いと思うんだけど、だからこそ使い所に悩みます。
来年はMewさんで曲UPしたいなぁ…。


「Night Walker」
目玉! 目玉! 目玉!
自分の目玉を出演させるという暴挙に出ましたw
ただ動画としては、自己最高のクォリティだと思います。
伊達に本人出演してないぜw
ゾンビ、ってモチーフはドラマ性が高くて、結構作り易かったです。
RAMONESがペット・セメタリーの曲書くときもこんな気持ちだったのかなぁとwww


「鉄腕レイディ」
これも趣味爆発な曲ですね。
最も完璧なアニメの曲は? と問われれば、僕は迷わず「マジンガーZ!!」と答えます。
次点でサイボーグ009の「誰がために」です。
これ、どちらも原作者が作詞してるんですね。
そういう意味でも、世界観が無駄なく表現されている。

そんな名曲のテイストのみを参考に作りましたwww
エネルギー源がトラペゾになったのは、その場の思い付きです。。。


「星から来たるもの」
クトゥルフ物で、これも完全に趣味曲ですねー。
いや、そりゃ仕事でやってんじゃないんだから、好きなことやるのにためらう必要はないんだけどね。
ただ、もちろん画面の向こうで見てくれる人がいることへの深い感謝はあるわけですよ。
そういう意味では、ぶっ飛ばしすぎたかなとは思います。
ですが個人的にめちゃめちゃ気にいってます。
自分なりにクトゥルフ神話に連なる物語を作れたかな、と。


「影を踏む」
先日の鏡音誕生祭でUPしました。
2ndアルバムのシークレット曲ですね。
この曲に関して、言いたいことは全部先日のブログに書いたので省略!


そんな訳で発表した17曲振り返ってみました。
結構色々なタイプの曲書いてるなー、というのが感想かな。
そしてSFからは結構離れちゃったかなー、とも思う。
オカルトかなーとも思うwww

楽曲のイラストを担当してくれた方々、本当にありがとうございました!!
皆さんのおかげで、音だけではないビジュアルイメージをも込みで曲を発表することが出来ています。
本当に感謝しています。

そして、僕の曲を聴いていただけている皆さん。
本当にありがとうございます。
気分的には全員に年賀状書きたいくらいです。
来年もよろしくお願いいたします。

予定では来年にはSFに回帰するらしいよ。
そして…2012前半に、3rdアルバム出すぜ!!
時期とかそういうのは、その内発表しますので。
乞う、ご期待です。

皆様良いお年をお迎えくださいませ。


同じカテゴリー(VOCALOID)の記事画像
クロスフェードと新曲ちゃん。
ボマス23クロスフェードデモUP。
M3参加と鏡音コンピのお話。
3rdアルバム通販します。
新譜情報!
日本赤十字社に募金。
同じカテゴリー(VOCALOID)の記事
 今更ですが、ほぼ移転のお知らせ。 (2016-03-28 12:43)
 2014総括。 (2014-12-25 00:20)
 新曲「極東浪漫少年少女」。 (2014-11-03 17:45)
 HP作りました (2014-07-23 00:30)
 修正アリでした。 (2014-03-24 00:46)
 卒業ソング?「Childhood's End」UPしたよ。 (2014-03-23 15:19)

この記事へのコメント
あけましておめでとうございます!
3rd来るんですね、楽しみにしてます!!
Posted by turula at 2012年01月03日 23:23
あけましておめでとうございます!

ハヤカワPの曲、JOYSOUNDのカラオケ投票やってたんですね〜
ささやかだけど投票してきました〜

ハヤカワPの抱負が男前すぎる!

お互いがんばりましょーσ(*´∀`*)
Posted by 謝謝P at 2012年01月07日 23:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。