2012年12月31日

2012年、総括。

今年もあと残すところ22時間を切りました。
皆様ご機嫌麗しゅう。
グスタフ(執事)が火かき棒で暖炉を調節するのを横目に、ボルゾイのレグジオネータ(犬名)の長い毛を漉きながら窓の外を覗き、下界が雪に包まれていく様にアンニュイな溜息をつくハヤカワPです。
白く染まっていく窓の外を眺めては、恐怖山脈で散っていった仲間たちのことを思い、膝に載せた古い古い革装丁の表紙がしっとりと湿り気を帯びてゆくのを感じながら…おや、こんな夜更けに誰か来たようだ…。


ま、そんなわけでね。
2012年を振り返ってみます。

2012年最初の動画はコレでした。

とりあえずIAさんを手に入れたのでUPしたかった記憶がある。
やっぱり例の「鳥の詩」聴いたからかな。
うぅぉぉぉ、欲しい! ってなって、予約した…はず。
で、噂に違わぬクリスタルボイスに感動した!!
この曲とも合ってると思うしね。

で、その次がコレ。

この曲を作る少し前に、例の「ゆらぎの宇宙、恋と未来」の世界観を、僕の鏡音楽曲のほとんど全てに採用しちゃえばいいんじゃね? とか思いついたわけですよ。
で、1月に3rdアルバム収録曲の「ラグトーリン・コンプレックス」を作りました。
アルバム収録時とほとんど変わらない状態が、すでに出来ていたんですね。
この「アトラク=ナクアの夢」は、その世界観を補強する役割の曲でした。
「眠くなる」ってコメいただきましたが、僕もそう思うwww
スリープ・ミュージックってことで。


で、アルバムを超ボーマスに向けて作り、その中からの1曲がコレでした。
発表時にも書いたけど「ハヤカワPのイメージ」で曲を作るってのを、やってみました。
そういうことがいいのか悪いのか、わからなくなってた、ってのはあるw

この後、3rdアルバムが頒布されるわけですが。

「ゆらぎの~」を中心に据えたコンセプトアルバムってのは決まっていたので、多分内容的に明るいものではないだろうなぁ、って予感はありました。
その分をラストに収録した「ロケットライド」で、爽やかに終わりたいって目論見もあったりして。

あと超ボーマスで発表されたSF-A2 mikiコンピ「かんさい!」に「ウサギとキリギリス」って曲で参加しました。

タイトルからわかる通り、すっげー厳しい内容の歌です。
自戒の意味も込めてね。
誘ってくれたぢゅ@メラゾーマPさん、ありがとうございますーーー!
関西在住じゃないんだけどねw

さて、アルバムも無事発表できまして。
さぁ次は何をしようか? となったワケです。
これまで避けてきた泥臭い感じ…やっちゃうか!? と思い立ちました。
そして出来たのがこの2曲。


いやぁ…数字的には振るわなかったねぇwww
でもね、言わせてもらうと、ボカロオリジナルでこういう曲作る人、あんまいないよwww
だから振るわなかったんだ、という気もしますが。

何つーかね、負け犬の感傷をやりたかったの。
何もかも失くなって、日々残滓の様に生きていく、みたいな。
それは、はっきり言うと日々自分が感じていることでもあるんだけどさ。
で、そんなの形にされて目の前に提示されても、あんまり嬉しくないだろうことも何となく分かっていました。
でもね、僕が抱く本当の気持ちなんだなー、この2曲。
架空の国の架空の革命後、とファンタジーで覆うことで、ぼかしてます。
そのまま出すんなら、ボカロじゃない方がいいしね。

はっきり言って、メチャクチャ気に入っている2曲です。


この辺り(7月?)くらいに僕の曲がJOYSOUNDに入ってるんですよね。
サクラフィクション」はもちょい前ですが「Oneway Journey」と「静かの海の片隅で」。
投票して下さった皆様。
本当にありがとうございます。
自曲を本人が歌う、というプレイ、遂に僕もできました。
感無量、です。
ちなみに、歌うと難しいよねw


キラミキ★フェスティバル4、ということで作った曲でした。
先日頒布したCDにも収録されています。
90年代終わりのヴィジュアルさんが担当したアニメOP曲をイメージしました。
具体的なんだか抽象的なんだか分からないイメージだなw
あと、曲のイメージは「」って決めてた。
mikiはピンクなのにwww
サビの「あぁこんなに美しすぎる赤に 身を委ね」って歌詞は、曲作りの時から頭にあって。
そこから派生させていきました。
で、ブギーポップ・シリーズから、タイトルを拝借しました。

上遠野浩平氏の作品はすごく好きですね。
ナイト・ウォッチシリーズと事件シリーズが、かなり好きなのですが、やっぱりその中心にあるのがブギーポップだなぁ、と思っています。
ナイト・ウォッチシリーズ、新作出ないかなぁ…マジで読みたい。

あと同日でgalacoさんの曲もUPしました。

こちらはセルフカバーですね。
1stにのみ収録、ネット発表していなかった曲を歌ってもらいました。
正直、中の人感は無い!!
でも、それがボカロだw

そしてこの後、なぜかヤンデレコンピに書き下ろしで参加したりwww

マジでなぜか台湾・香港で行われたミクパ会場で頒布するクリプトン謹製CDに「ゆらぎの宇宙~」が収録されたり…(http://karent.jp/cd/3)と課外活動がありました。
ヤンデレコンピは、「Try and Error」って曲で参加。
ストーカーのループ物…といった感じの曲です。
正直、今でも何故僕に話が来たのか、よく分からないw
でも、「ヤンデレ」って縛りがあったから、普段やらない様な曲調に挑戦できたってのはある。

先日TVでも台湾のミクパ放映されてたじゃないですか。
あれを見ながら「このお客さんたちの中には、僕の曲が入ったCDを買っていった人がいるんだ…」って思いましたwww
あとこのCD、日本でも売ってくれないかなw


そして今年唯一のプチヒットwww
重音テトで「キマイラ」です。
この曲はさすがにギターの録音してる時から手応えありました。
まぁ、他の曲もみんな手応えあるんですけどねwww
でも、やっぱりこの曲が受けたのはギターリフとテトの日効果だと思う。
でもホント、テトさん使うなんて当初は思いもしなかったなぁ…。
あとドワンゴさんのお陰で配信もスタートしました。
お世話になりまッス!!

その後、「鏡音ねいろ!」で初頒布されたコンピCD。

こちら収録の「銀河放浪ミラーツインズ」。

いやぁ…好き放題だねwww
自分が好きなものやらなきゃ意味なんてねーんだよ!!と言わんばかりの曲です。
実際そう思ってますし。
だいたいさ、今時J9シリーズのオマージュって誰が喜ぶんだよ………僕だ。
冒頭のナレーションとか、誰が喜ぶというのか………僕に決まってる。
僕を500%満足させる仕上がり!!
お付き合いいただいたruhmaさん、腹筋さん…ありがとうッ!! だが、反省はしていない。

そして先日の雷鳴Pさんの「雷光サステイン」のカバーが今年ラストでした。

これもね、大好きで大好きで大好きでたまらなかった曲を、心ゆくまで楽しんで自分の持てる全てぶち込みました。
誰が一番喜んでるかって、絶対僕ですねw
作者の雷鳴Pさんに怒られるんじゃないか?とも思ったけど…他人の曲をカバーしておいて、納得いかないモノを出すなんて方が怒られる、いや、僕なら怒る!! って思って、その結果がコレです。
出来上がったときね、「あぁ僕、音楽やっててホント良かった」って思いましたもん。
他者への敬意を、作品への愛情を、こういう形にできることに幸せを感じました。
雷鳴Pさん、聴いて下さった方々、ありがとうございました。


あとはアレですか。
ボカロクリティークのvol.6に寄稿してます。
そこには僕の来歴が比較的詳しく書いてますw
「パンクアイコンとしてのVOCALOID」というタイトルです。
今のところ、あんなこと書いておいて「おめーの曲、全然パンクじゃねーじゃん」という声は届いていませんw

と長々と今年を振り返ってみました。
今年はコンピ参加が多かったなと思っています。
それもこれも声をかけてくださった皆様のおかげです。ありがとうございました。

そして僕の動画を見てくれる皆様。
今年もありがとうございました。
多分、今後もそんな作風変わらないと思うからw
僕が好きな曲を、僕の手で作ってお届けします。
もしそれが、あなたの胸の隙間にピタリとはまってくれたなら…僕はとても嬉しい。

さよなら、今年。
ようこそ、来年。


タグ :ハヤカワP

同じカテゴリー(VOCALOID)の記事画像
クロスフェードと新曲ちゃん。
ボマス23クロスフェードデモUP。
M3参加と鏡音コンピのお話。
3rdアルバム通販します。
新譜情報!
日本赤十字社に募金。
同じカテゴリー(VOCALOID)の記事
 今更ですが、ほぼ移転のお知らせ。 (2016-03-28 12:43)
 2014総括。 (2014-12-25 00:20)
 新曲「極東浪漫少年少女」。 (2014-11-03 17:45)
 HP作りました (2014-07-23 00:30)
 修正アリでした。 (2014-03-24 00:46)
 卒業ソング?「Childhood's End」UPしたよ。 (2014-03-23 15:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。