2013年01月08日

作詞の作法。

皆様、あけましておめでとうございます。
先日は正月休みにかこつけて古い文章などみつけてしまい、深夜のアッパーなヴァイブレーションがWorld Wide Webにそれを晒すという、いい塩梅すぎるプレイに出てしまったハヤカワPです。
ちなみに小学生のころ「塩梅」は「しおうめ」だと思っていました。
いいしおうめって…www

さて、新年あけまして曲はバンバン作ってますよー。
もう2曲作りました。
UPはもうちょい先だと思うので、待っててちょ。

でもって今日は、需要はあるのか!?僕の作詞作法について書いてみようと思います。

僕は作曲もボカロの調声も、そして作詞も自分でやっちゃうPですので、作詞専門の方では実現しにくい手段を取ったりもしますので、そこはあしからず。

世の中には「詞先」「曲先」という言い方があります…ん、あるのか!?
要するに歌詞を先に作るのか、曲を先に作るのか、ということです。
この分類でいくと僕は9割型、「曲先」になります。
歌詞の書き溜めは一切しません。

ただ、曲が先とは言っても、曲を書く前にぼんやりとしたイメージだけは先行しています。
たとえば、「キマイラ」であれば「合成生物」というイメージが最初からありました。
多分、この文を読んだ大多数の方は「それ、どんなイメージだよ!?」と心の中でツッコんだことと思われます。
声に出してもいいんだよ。
で、この場合「合成生物」の具体的な映像が浮かんでいるわけではございません。
「合成生物」というが浮かんでいるのです。
漢字の感覚、語感…そういったモノが曲のイメージになっています。
「合成」って語と「生物」って語、それぞれのもたらすイメージと、それらを繋ぎ合わせた時の感覚。
これが根幹になって曲が作られます。

で、曲が作られました。
メロディは適当な音色で打ち込んであります。
ターン、タタタン、タン…など、既に譜割りされた状態です。

ちなみに僕は曲を作った後、一旦ギター弾き語りで歌ってみますが、その際は
にゃーにゃーにゃ、にゃー♪
と歌ってます。
これ、昔からの癖なんですよ。謎!
なので、僕の作った曲にはすべて「猫語」バージョンがあるのですにゃー!!

さてここに歌詞を付けていくわけです。

サビから付ける…ということが無いわけではありませんが、殆どAメロ、平歌から歌詞を書いていきます。

では、例として僕のボカロ処女作「Closed Time Leaper」を見てみましょう。

「Closed Time Leaper」
いつか見たよな そんな風景が めまぐるしく入れ替わってゆくよ
映し出された幾つものビジョン さよなら 少しお別れだね


この曲は、このAメロからスタートします。
この歌詞、わかりにくいっちゃあわかりにくいんですが。
様々な映像が空中に映し出されている絵を思い浮かべてください。
∀ガンダムでいくつもの黒歴史が、映像記録として一気に再生されたシーンを思ってもらえると近い。

僕の実感として、最初の歌詞は「映像描写」「状況描写」から始めると書き易いです。

「もうひとつの夏へ」
かすかに煙る空
もうひとつの夏を思い出す

「科学少女への憧憬と現実」
部屋着も白衣と噂されてる
もちろん白衣で登校してる

「サクラフィクション」
それはよく晴れた日の午後
長い長い春休みは突然
終わっちゃった
何の前触れもないまま

『霊能少女の繁栄と衰退』
教室の片隅見上げ 首を傾げる君
何でもないよと言いながら こっそり渡されたメモ


この映像描写や状況描写で始める理由は、まず説明が必要だからです。

というのもね、僕の曲の題材は「非日常」が基本。
そうなると、まず世界観の説明が必要なのよ。

今の僕らの生活している現実と地続きではないよ、ということをまず分かってもらわなければならないので。
あ、でも霊能少女と科学少女は現実と地続きだwww

必ずしも映像につながる言葉を入れなくても、説明が成立すれば問題ありません。

「君は無慈悲な僕の女王」
100年ぽっちも生きられないのに 1000年も動く僕を作るなんて
おかしいね 理解できないよ 無責任だね おいていかないでよ

この「君は無慈悲な~」は映像描写こそありませんが、出だしの2行で状況をほぼ説明しきっています。

「Night Walker」
ひどく冷えた土の中で 目を覚ませば
土を掻いて折れた指は 痛みすらも無く
誰が僕をここに埋めた? ここは何処だ?
そして僕はオレはワタシは誰だ?

これも最初のAメロでシチュエーションを理解できるように作られています。
「土の中」「目を覚ます」「指が折れても痛くない」「埋められた」「記憶が無い」

死体が蘇ってる? ゾンビ?

といった感じです。


Aメロが2回以上入る場合には、状況・映像描写をさらに補足していきます。

「少女カナリアと煉獄」
八番街の路地を曲がれば 見えるだろ 赤い扉が
彼女がかつて 歌ってたのさ 陽が沈めば ショーの時間

安い香水 趣味の悪いドレス 似合いの古びたステージ
歌えればいい それだけでいい 化粧落とし彼女は言った


僕の手法として、Aメロでは直接的な感情描写を避けます
理由はBメロやサビとの差を付けるため、です。
感情要素は、曲最大の盛り上がりに繋がります。
なので、Aメロで直接的な感情描写をしてしまうと、以降との差が付けにくいんですね。
歌詞の盛り上がり部分は、メロディの盛り上がり部分のためにキープしておくことが歌詞のダイナミズムに繋がると思っています。

逆に淡々と映像や状況を描写していくことで、抑えた感情が表現できることもあります。



さてBメロ…といきたいところですが、長くなりましたので。
一旦、切ります。

タグ :ハヤカワP

同じカテゴリー(VOCALOID)の記事画像
クロスフェードと新曲ちゃん。
ボマス23クロスフェードデモUP。
M3参加と鏡音コンピのお話。
3rdアルバム通販します。
新譜情報!
日本赤十字社に募金。
同じカテゴリー(VOCALOID)の記事
 今更ですが、ほぼ移転のお知らせ。 (2016-03-28 12:43)
 2014総括。 (2014-12-25 00:20)
 新曲「極東浪漫少年少女」。 (2014-11-03 17:45)
 HP作りました (2014-07-23 00:30)
 修正アリでした。 (2014-03-24 00:46)
 卒業ソング?「Childhood's End」UPしたよ。 (2014-03-23 15:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。