2013年01月09日

作詞の作法 その2

前置きカットしていきましょう。

※ 前回に引き続き、僕の作詞方法についてです

さてBメロです。

Bメロは無い曲もあります。
その場合、Bメロの役割を果たすのはAメロのラスト1~2行です。

Bメロは、サビの前のタメ、もしくは助走です。
タメであれば、どこまでスピードを落とし、サビで爆発できるか
助走ならば、サビでトップギアに入れるためのスピードを出せるか
そういう内容が求められます。
まぁ、僕はできていないことも多いですけどwww

そのためには、どういった内容を書けばいいのか?
僕の手法では「泣き」「チラ見せ」です。

Aメロでは出し惜しみしていた「感情描写」をこの辺りから投入します。
ポイントは「実は…」です。

Aメロでは見せていなかった感情。
その裏には「実は◯◯◯◯」という気持ちがあるんだよ、というのを書くことで、説明にもなりつつ、Aメロで語った内容を補強することにもなります。

「キマイラ」
(1番)
震えているのは 熱のせいじゃない
身体の奥で飢える 忌むべき獣 
(2番)
地獄ならこの胸に 祈りなら犬の餌
怒りと裏腹 ひどく冷えてゆく心

「霊能少女の繁栄と衰退」
ギラリと輝く眼鏡の向こうで
ここじゃない何処かを見つめ過ぎているのかい?

「銀河放浪ミラーツインズ」
神様はいつも 日陰を見ない 救う気もない


キマイラ」はそこそこ分かりやすい例かなー。
霊能少女~」は、ここで初めて少年が少女をきちんと見ます。
それまでは客観的に少女を観察していた少年が、このBメロ部分で初めて物語に積極参加してくる。
一種の「実は…」ですね。
ミラーツインズ」でも、ここでそれまで見せていない生の感情を出しています。
神様なんて信用できない…だから! 的な。

チラ見せ」ってのは、ここで全ての感情をご開陳しないということです。
大事な部分はサビまでとっておくこと。
隠していた気持ちが、ついポロリと出てしまった…くらいが個人的にはベストかなと思っています。

気を付けるべきは、おそらくですがBメロってのはAメロより短いことが多い!!
なので、詰め込める情報量は多くありません。
高速詠唱やラップなら、多めに言葉を入れられるんでしょうが、僕の場合はまずありませんwww


そしてサビです。
僕の場合、サビには幾つかのパターンがあります。
まず感情爆発・噴出系

「キマイラ」
(1番)
心散り散りに 繋ぎ合わせた身体に宿るはキマイラ
赤く塗りつぶせ 弄ばれた生命の行き着く先の深淵
(2番)
夢も散り散りに 掌をこぼれ落ちた 僅かな温もり
赤く染め上げろ ここから見える景色を目茶苦茶にしたいだけ

「君は無慈悲な僕の女王」
遠い未来で 約束の地で 再び会えるというのなら
幾星霜の時の流れも 怖くない
忘れないんだ 離れないんだ 君の声 君がくれた言葉
世界の果ての この砂浜で 君を待つ
わがままで ごめんね

「ホシコエ」
20光年彼方から 君に届いて I Love You!
時間さえ曲げてしまえばいい


タメにタメた感情を一気に爆発!! 神楽坂エクスプロージョン!!
キマイラ」なんて「ここから見える景色を目茶苦茶にしたいだけ」ですからね。
よっぽど嫌なことあったんだろうなw
爆発、ではないですが、「君は無慈悲な~」は決意と謝罪が一気に噴出してます。
ホシコエ」は恒星間恋愛ですからね、ストレス溜まってるんでしょう。
時間曲げるって何だよ!?という、なんか勢いで言っとけ、みたいなフレーズです。

感情爆発・噴出系は、まずとても分かりやすい。
感情移入し易いタイプの歌詞になります。
ってもね、僕の場合、SF設定だと感情移入しようにも、環境が違い過ぎてwww


もう一つのパターンとして、タイトルに収斂させる方法があります。

「ゆらぎの宇宙、恋と未来」
ゆらぎの宇宙 恋と未来 平行世界の片隅で
君を思い出す日々が 新たな思い出になる連鎖
連なる宇宙 その一つで また別の僕が君と出会う
オマエは上手くやれよ、と 苦笑いで呟いてみる

「恋の秘法はネクロノミコン」
恋の秘法はネクロノミコン!
障害もなんのその ライバルも蹴散らすよ!
だからアタシ(儀式を)やり遂げるよ! 旧支配者(かみさま)お願い
星辰(ほしぼし)の彼方から アタシの恋を応援して!

「Ride On Time」
Ride On Time かき分けたディラックの海
君に捧げる 時間を止めるほどSweetなGravity
Ride On Time 光跡の向こうから I say 「Hello,hello!!」
二万光年向こうで待ってる

「灰と青春」
隣り合わせの灰と青春
わたし達は慣れてゆく
死色の迷路と生きるための略奪
生命に値札をつける日々


これは、それまでに紡がれた言葉のベクトルを全て、タイトルになっている言葉に吸収させていく手法です。
ぶっちゃけ言うと、1番難しいです。
それまでの言葉全ての方向をコントロールして、タイトルに集めていかなければならないので。
同時に全ての言葉を
オッシャーうちにまかしとき!!
とばかりに受け止めてくれるグレートな言葉をタイトルに据えなければならない、という難しさもあります。
本来、タイトルってのはそうでなきゃいけないんですけどね…orz
僕もあんまり使いません。

しかし、これの変則としてタイトルを最後の1行に持ってくる、というのがあります。
この方法は、適度な難易度ですし、感情コントロールもし易く、情報量も適度に詰め込めます。

「銀河放浪ミラーツインズ」
虚飾の星空 撃ち抜くブラスター
嘆きの歌は捨ててきた
君のその叫びが 星の海を越え 
ヴォイドを切り裂き 駆け抜けろスターシップ
刻の涙を振り切って
相転移砲 照準よろし! ミラーツインズ

「サクラフィクション」
サクラ舞い散る道を二人乗り ペダルは軽く 僕ら笑い合う
どこまでも行けると思ってた 二人なら行けると思った
サクラハラハラ 降り注ぐ道 僕はスピードを上げた
自転車が止まったら君は きっと消えちゃう
きっと消えちゃう
さよならはまだ サクラフィクション
  

ただし、このパターンを使う時の注意点。
上手く使わないと…ヒーロー物っぽくなってしまいます
ミラーツインズなんて(ハナから狙ってますが)完全にそうでしょ?
最後にヒーローの名前叫ぶ!! になっちゃうんですね。
サクラフィクション」だって、見様によっては「神世紀散華サクラフィクション」OPテーマ!! みたいにも見えるでしょ?www


さて、ここまで説明した作詞方法。
ここまで書いておきながら、まったく違うやり方で作っていることもあります。
例えば、「Star Maker」なんてAメロで感情描写、Bメロで映像描写と、役割を逆にしています。
少女カナリアと煉獄」「星から来たるもの」は、こうしたセオリーを取っ払って、ストーリー描写に徹しています。
静かの海の片隅で」ではBメロでタイトルワードが出てきちゃいます。
Summer Fiction」に関しては、もうイメージの赴くままに言葉を連ねています。

また、1番と2番、3番の関係というのも重要です。
特にストーリーがあるような楽曲の場合、どんどんストーリーを展開させていかなければいけません。
手前味噌で悪いのですが、僕の「霊能少女の繁栄と衰退」の場合、少年の少女への好意を1→3でどんどん進ませています。

「霊能少女の繁栄と衰退」(サビ抜粋)
(1番)
見えなくてもいいよ 別に見えててもいいけど
僕は君のアイデンティティになんて ちっとも興味は無くって
今はただやたらに瞬き繰り返す
ツヤ消しブラックの君の瞳に恋しているよ
(2番)
信じててもいいよ 別に信じてなくてもいい
僕は君を包み込むおとぎ話に興味は無い
だけど今の君にそれが必要ならば
少しだけ何かを演じてみても悪くはない
(3番)
見えることにしようよ ホントに見えててもいいけど
僕は君の物語を密かに愛し始めてる
いつの日かギラリと輝く眼鏡を外せる時まで
仕方ないな、と見守るから

信じてもいいよ 君を守る巨大なウソ
僕は君を包み込んだおとぎ話の立会人
今はただ真っ赤に腫らしたつぶらな
真実映さぬ君の瞳に恋しているよ


最後にはレンくん、結局ゾッコンじゃないですか!?と言いたくなるような状態です。
はー、デレデレっすよ、やってらんねぇや、って感じですね。


で、このように作った歌詞。
完成してからも問題はあると思います。

1.メロディの譜割りと合わない\(^o^)/オワタ
2.言いたいことはまだあるのに、収まり切らない\(^o^)/オワタ
3.ボカロに歌わせたら、上手く発音しない\(^o^)/オワタ

代表的なのは上の3つですかね。

この場合、僕は…
1. → メロディ(譜割り)を変えちゃいます!!
2. → 曲の尺を伸ばします。構成ごと変えます!!
3. → 歌詞を書き換えます!!

ここが作詞者 = 作曲者の利点であり、欠点でもあります。
好きに変えていいんだから。
制約が無いんだよね。
それってどうなのか? と思うことはある。

去年の最後にUPしたカバー曲「雷光サステイン」をリンに歌わせていて思ったのは、雷鳴Pさんは1番と2番以降、結構譜割りを揃えてるんですよね。
わざと変えて変化を出してるところもありますが、たとえばAメロの譜割りはほとんど一緒だったと思う。
「すげぇ…」って思いましたもん。
僕の曲、歌わせてみれば分かりますけど、そんなに綺麗に譜割り揃わないですよ。
今、数えてみたら「キマイラ」のAメロとか、2番の方が2音くらい多いし。

制約ある中で、きっちり作れる人の方が、僕としては凄いなと思ってしまう。



と、ここまで長々と作詞について書いてみました。
真似してもビッグヒット狙えないことは確実だがwww
という訳で、良い子はマネすんな!!

同じカテゴリー(VOCALOID)の記事画像
クロスフェードと新曲ちゃん。
ボマス23クロスフェードデモUP。
M3参加と鏡音コンピのお話。
3rdアルバム通販します。
新譜情報!
日本赤十字社に募金。
同じカテゴリー(VOCALOID)の記事
 今更ですが、ほぼ移転のお知らせ。 (2016-03-28 12:43)
 2014総括。 (2014-12-25 00:20)
 新曲「極東浪漫少年少女」。 (2014-11-03 17:45)
 HP作りました (2014-07-23 00:30)
 修正アリでした。 (2014-03-24 00:46)
 卒業ソング?「Childhood's End」UPしたよ。 (2014-03-23 15:19)

この記事へのコメント
「良い子はマネすんな!!」なんておっしゃっていますが、とても勉強になりました。
ありがとうございます。
ハヤカワPさんの「世界」のある曲、歌、大好きです。
新曲、楽しみにしております。
わがまま書くことを許して頂けるなら、また重音テトや波音リツのような個性的な声で、ハヤカワPさんの世界を歌う曲に出会いたいです。
Posted by ABEL at 2013年01月10日 22:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。