2013年06月17日

遠きにありて思うもの。

こんばんわんこ。
ハヤカワPです。

時々思うことがある。
僕はもう20年以上ギター弾いてるんだが(まぁその割には上手くないよねw)…年齢がバレるけど、まぁいいだろ。別にアイドル性がポイントではないのでw
始めたのは高校の頃。
で、あの頃一緒にギターを弾いてたヤツらで、まだ弾いてるヤツはいるんだろうか???

とりあえず僕の知ってる中では…いない。
大学時代のバンドサークルの連中もことごとくバンドを辞めていった。
残っているのは僕が知るだけで10人いないだろう。

まさか僕も今頃ボカロで曲作ってギター弾いてるなんて予想してなかったけども。

高校時代…もっと遡って中学時代でもいいや。
その頃から付き合いのある友人は3人しかいない。
その3人は僕の今の活動を知ってるんだけどね。

たとえば高校時代仲良くしてた連中。
今はまったく連絡も取らない人たち。
彼らは今の僕を見てどう思うんだろうか?

おそらく「え。まだ音楽とかやってたの???」だとか「そんな好きだったんだ? あんまり分からなかったけど」とか、そんなこと言うんだろうな。

まかり間違って、僕の曲を聴いている人がいたりするのかな。
僕とは知らずに。
とは言え、有名Pならともかく僕レベルだとなぁ…可能性は低いかw

17歳の頃から曲を作っている。
何で今だにそれを続けているのか、って言うと、ただ単に止められないからだ。
別にカッコいいこと言おうとしてるんじゃなくって、本当に止められないの。
「曲作んなきゃ死んじゃう病」って呼んでるんだけどwww

ゆっくりテレビなんか見られない。
そんな時間があるなら、曲書かなきゃ!! って思っちゃう。
何のために? と聞かれると、正直困る。
何のためなんだっけ???

昔、バンドやってた頃は、バンドで演奏していない自分を想像できなかった。
辞める理由が何一つ見つからなかったからだ。
本当に死ぬまでバンドやってるんだろうと思ってた。

でも、辞めた。

ってことは、きっと。
いつの日か、曲作ったりしなくなる日も来るんだろう。
「曲作んなきゃ死んじゃう病」とか言ってるけど、辞めてもきっと死なないはずだ。

アウトプットしたいことが身体の中に溢れかえっていて、それを吐き出すように曲を書く人でありたいな。
「曲を書く自分が好きな人」にはなりたくないな。

ロックはもう卒業だと アイツは髪を切るのさ♪ レスポールが重すぎたんだろう♪
清志郎が歌ってたね。
レスポール持ってないから大丈夫だろw
僕のSG Jr.軽いしwww


…と、たまにはそんなことを思ったりもするのだ。

同じカテゴリー(音楽一般)の記事
 ハヤカワPの材料 その1 (2011-05-24 23:18)
 バックボーンについて その4。 (2010-06-16 22:29)
 バックボーンについて その3。 (2010-06-12 20:45)
 バックボーンについて その2。 (2010-06-12 15:40)
 バックボーンについて その1。 (2010-06-09 23:41)

この記事へのコメント
室生犀星
「小景異情」
Posted by 僕はね、名無しさんなんだ at 2013年12月20日 03:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。